• facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Tumblr
English
NINE BODY PIERCING
Tel:052.228.8310

JEWELRY

JEWELRY

NINE BODY PIERCINGはお客様に安全で、なおかつ最高のジュエリーのみを提供させて頂きます。

日本では、欧米などとは違いピアッシングジュエリーに対する高い知識が定着しておらず、残念な事に多くのショッピングモールや、雑貨屋、インターネットで売られているボディジュエリーは人体に害のある物質を含んでいる安い素材でできている事がほとんどです。

ジュエリーは当スタジオが納得できる会社のみを使用させていただいております。

当スタジオ取り扱い会社
ANATOMETAL, Gorilla Glass, BVLA body vision los angeles,Kaos Softwear, Oracle Body Jewelry, Tawapa, LeRoi, Industrial Strength, Maya Jewelry, Omerica Organic, Diablo Organics, Buddha Jewelry Organics

ピアスガンについて

初めにまず覚えて欲しい事は、ピアスガンは乳牛の耳にタグを 付けるために開発されたもので、 人間にピアスを開けるものではありません。

ピアスガンでピアスを開けるのが普通だと思っていませんか?

多くの方は、ピアスガンでピアスを開けたことがあると思いますが、ピアスガンでピアスを開ける事はとても危険です。

ボディピアッシングの先進国アメリカでは、ピアッシングガン自体の発売を禁止している州が数多くあります。 実際に開けて治ったという方もいると思いますが、運が良かったのとまだ問題が起きていないだけかもしれません。

次に、ピアスガンのほうがニードルより痛くなさそうという言う理由で、使う方がいますが、間違いです。ニードルはとても鋭いので、皮膚を必要以上に傷つけず、痛みも少く、治る過程も圧倒的にニードルで開けたほうが早く完治し、問題も起こりにくいです。ピアスガンはニードルとは異なり、ジュエリーでピアッシングホールを作るので、とがっていない部分で無理やり貫通させるので皮膚に必要以上のダメージをあたえ、きれいな穴をがつくれず、過剰な瘢痕組織を引き起こす可能性があります。

特に軟骨に開けた場合は、軟骨を粉砕し、大きな傷を残す可能性もあります。そして、ピアスガンについている、ジュエリーはちゃんとした、ボディピアッシングジュエリーではありません!人の耳たぶの太さには個人差があるのに対し、ジュエリーの長さが一定で、ピアッシング後の腫れた時に長さが足りないと、俗にキャッチと呼ばれるものが鋭く、切って皮膚の中に埋まってしまう事があります。また、キャッチにはバクテリアがたまりやすく、そこから色々な感染症を起こす可能性を高めます。ピアスガンによっては、滅菌されていない物もあり、そしてオートクレーブで滅菌できなく(プラスチックで出来ているから溶けてしまいます)肝炎などの感染症を引き起こす可能性があります。

アルコールで消毒すれば大丈夫と思っている人がいると思いますが、アルコールで拭いても滅菌はできません。ピアスガンの多くは使い捨てだから大丈夫と思う人がいるかもしれませんが、ピアスガンを組み立てた人たちから何かの感染症が移り、ピアスガンについているかもしれません。そこから、感染症を拾ってしまう可能性だってあります。

それでもまだピアスガンを使いますか?

アクリルジュエリーについて

アクリルは、調査によるとわずかではあるが人体に毒性であり、欠けやすく、割れ目、切れ目が出来やすく、そこからピアッシングホールを傷つけやすいので、使用は避けてください。アクリルは、ボディジュエリーとして安全性を認められたことが無く、体の温度で物質が溶け出し、体の中に入ってきます。これらのケミカル物質は、多少ではありますが毒性で、生活組織にダメージを与え、さらにジュエリーを付けている部分の皮膚癌になる確率を上げます。 きちんと滅菌をされていないジュエリーであれば、簡単にC型肝炎ウイルスなどの感染症を拾う可能性があり、プラスチックはオートクレイブで滅菌できません(溶けてします)。つまり、アクリルジュエリーは、安全に滅菌が出来ず付けれないという事になります。ボディージュエリーは服や靴とは違い、自分の体の中を通るものです。値段で選ばず、体に安全なジュエリーをつけましょう。

インターナリースレッドとエクスターナリースレッド

エクスターナリースレッドは、ピアッシングホールを通る時にむき出しになっているネジで傷をつけてしまいます。そして、アクセサリーショップなどで売られていることから、滅菌がされておらず、知らない人が触った手についていたバクテリアなどが傷口から入ってき、感染症などを拾う可能性があります。なおかつ、ネジの部分にバクテリアがたまりにくく不衛生になりやすいです。これらのエクスターナリースレッドは東南アジアなどで格安で大量生産され、クオリティーが低いものが多いです。

図で見てみると分かるように、エクスターナリーのジュエリーは新品にも関わらず、きれいに磨かれておらず、ピアッシングホールを傷つけてしまいます。 それに比べ、多くのジュエリー会社のインターナリースレッドはきれいに磨かれておりピアッシングホールを傷つけるのを最小限のリスクに抑えてくれます。インターナリースレッドはピアッシングホールを通る部分にネジがついていないので、滑らかなので負担をかけず、ピアッシングホールを傷つけません。そして、キレイにボールがはまり、取れにくく、バクテリアもたまりにくい形になっています。エクスターナリースレッドのジュエリーに比べ、エクスターナリースレッドのジュエリーのほうが、値段は高いですが、靴や服とは違うので、自身の体のことを最優先してください。